hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


Mobageに不正アクセス…確認されたID件数は最大104,847件、『グラブル』や『デレマス』のプレイヤーは要注意

   

ディー・エヌ・エーは、同社が運営している「Mobage」にて不正にログインしたと思われる事象が判明したと発表しました。

不正ログインが確認された期間は2016年1月9日~4月1日で、対象ID件数は最大104,847件(4月1日時点)です。同社によると、2016年3月29日に「Mobage」ユーザーからの問合せを受け調査がを開始し、3月31日に他社サービスから流出した可能性のあるID/パスワードを利用した不正ログインと思われる試行が、海外のIPアドレスから行われていたことを確認。期間を遡って調査した結果、前述した期間に同一のアクセス元とみられる情報端末から不正の可能性があるアクセスがあったことが判明しました。

閲覧された可能性のある情報は「登録プロフィール」や「マイゲームリスト」などで、氏名を含む個人情報および、クレジットカード情報の閲覧はなく、仮想通貨等の不正購入も確認されていないとのこと。

現在はログイン時のセキュリティ対策の強化、連続アクセス試行への検知・対策システムの強化が行われており、上記以外での不正の有無の調査が進めされています。

「Mobage」では『グランブルーファンタジー』『アイドルマスター シンデレラガールズ』『FINAL FANTASY Record Keeper』といったユーザー数の多いゲームが多数運営されており、同社はユーザーに対してパスワードの変更を呼びかけています。

引用元ヤフーニュース

 - IT・科学 ,