hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


GACKTの相手役に18歳の新体操少女

   

GACKTの相手役に18歳の新体操少女

ミュージシャンのGACKT(42)が14年ぶりに主演する映画「カーラヌカン」(17年公開予定)のヒロイン最終オーディションが23日、沖縄・那覇市内で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」内で行われ、18歳の木村涼香さんがヒロインの座を勝ち取った。

700人の応募者から1次審査、2次審査を経たファイナリスト7人が登場。最終課題となった「横を向いた状態で、好意を持つ男性からの視線に気づいた」という演技を披露した。最終審査を経て、浜野安宏監督(74)から合格者として名前を発表されると、木村さんは舞台上で大粒の涙をこぼして喜んだ。

 4歳から昨年まで「ウーマンズ新体操クラブ」で新体操に取り組み、中学1年生で全日本ジュニア選手権で5位入賞。13年には東京国体の優勝メンバーに入った。180度以上の開脚ができる柔軟性を誇り、この日もステージで「I字バランス」を披露した。

 五輪出場を目指して「休みは月に4回ぐらい」という猛練習に励んでいたが、芸能界への憧れが捨てきれず、コーチの反対を押し切って新体操を引退。退路を断ってオーディションに臨んだ。

 栄冠に輝いた木村さんは「信じられない気持ちでした。何て言っていいかわからなかったです」と初々しいコメント。「新体操をやってて、1つのことに真剣になることができました。人前に出るのも慣れていたので、今日は楽しかったです」と笑顔で話した。

 今作のヒロインのテーマは「沖縄の大自然が似合う美しく野生美を纏う女性」。浜野監督は木村さんの素質を「自然の感受性というか、自然を素直に感じる無二の力を持っている。身体能力や身体の線が、野生の線なんですよ」と絶賛した。

 昨夏から芸能事務所に所属しているが、活動実績はほぼゼロ。元来はモデル志望で、演技経験もない中で女優業への一歩を踏み出す。「見てくださる方が、自然と感情を共有できるような女優になりたいです。憧れは満島ひかりさんです」と木村さん。GACKTの印象については「キレイです」と語り、「自分の真っすぐなところをぶつけていきたい」と意気込みを口にした。

引用元ヤフーニュース

 - 芸能 , , ,