hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


瀕死サンミュージックの“神風”に メイプル超合金の快進撃

   

瀕死サンミュージックの“神風”に メイプル超合金の快進撃

瀕死のサンミュージックにまたしても“神風”が吹いている。

23日、「PILOTアクロボール」のイベントに出席したお笑いコンビ「メイプル超合金」。真っ赤な彦星の衣装で登場したカズレーザー(31)は「モンゴル相撲を意識した」という織姫姿の安藤なつ(35)に向け、短冊に「長生き」とつづった。

理由を聞かれると「イスに座って5秒くらいで寝る。自分の体にガタがきてることを自覚してるんでしょうね。寝言で『大丈夫!』って言うんですよ。それダメなやつでしょ!」と相方の極度の疲労を暴露。安藤も「すぐに記憶がなくなっちゃう」と嘆いていた。

 事務所の担当者によれば、「『M―1』直後に比べたら休みもあるので、寝る間もなく働いているという感じでもない。(安藤の疲労は)太っているから疲れが倍増しているだけ」だそうだが、昨年の「M―1グランプリ」で決勝に進出して以降、テレビやイベントに引っ張りだこの大人気。

 しかし、カズレーザーは「休みはない方がいい。街中でサインを求められたら絶対書きます。写真も撮る。チヤホヤされるのも今だけ。この状況を精いっぱい楽しみます」と冷静。給料は「32万円から4兆円に増えた」と笑っていたが、広いマンションに引っ越したり、ぜいたくすることもなく、暮らしぶりは堅実そのものだという。

 この2人の活躍で息を吹き返しているのが大黒柱だったベッキー(32)の休業で存続の危機に立たされていた所属事務所のサンミュージックだ。1年前には想像もできなかった活躍ぶりに周囲からは「また神風が吹いた」という声が上がっている。

どういうことかというと、サンミュージックは事務所が経営難に陥ると売れっ子タレントが生まれるという不思議なジンクスがあり、古くは桜田淳子の穴を松田聖子が埋め、聖子が独立した穴を岡田有希子が。岡田が自殺した穴は酒井法子が埋め、酒井が覚醒剤で逮捕された穴はベッキーとカンニング竹山ら芸人が埋めた。そしてベッキーが不倫で休業した穴を今度はメイプルが埋め……というわけである。

 ベッキーについてカズレーザーは「芸人はサンミュージックの中では“外様”なので、全然カラミがない」と笑っていたが、いまやカンニング竹山に続く人気タレントに成長した「メイプル超合金」。事務所幹部は足を向けて寝られないはずだ。

引用元ヤフーニュース

 - 芸能