hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


安室奈美恵  - 激動人生 「引退までのカウントダウン開始」

   

 

 

 

歌手の安室奈美恵(あむろなみえ)さんが、40歳の誕生日を迎えた9月20日に、公式ホームページで1年後の2018年9月16日をもって引退することを発表しました。

3日前にデビュー25周年記念ライブを地元・沖縄で行ったばかりのこのタイミングでの引退発表でしたから、長年のファンに間にもショックが隠しきれない様子です。

芸能界屈指の“アムラー”イモトアヤコさんは、引退する安室奈美恵さんについてツイッターで「清く潔く美しくかっこいい生き方 心から尊敬します。(引退する)1年後の9/16まで全身全霊かけてアーティスト安室奈美恵さんを応援したいです」と宣言されていました。そして「安室ちゃんは何があろうとこの先もずっとわたしにとってのHeroなのです」と熱く思いを綴っていました。

 

 

14歳の1992年に沖縄から上京した安室奈美恵さんは、同年9月に女性5人組のスーパーモンキーズのメンバーとしてデビューを経て、ソロアーティストに転向後、「CAN YOU CELEBRATE?」などミリオンヒットを連発したほか、96年に出したシングル「Do’nt wanna cry」では史上最年少で日本レコード大賞を受賞しました。

1990年代、彼女のファッションやメイクを真似る“アムラー”が社会現象になりました。“かっこいい女性像”として女性からの圧倒的な支持を得ました。
 

 

 

 

 

安室奈美恵さんの激動人生

~結婚と出産そして離婚~

安室奈美恵さんは、1997年にSAMさんと結婚、1998年の5月に長男が誕生しました。

交際1年での電撃婚でした。

ですが、2002年7月に生活サイクルのすれ違いなどを理由に離婚を発表しました。

その時の親権はSAMさんで、養育権を安室奈美恵さんが持っていましたが、2005年8月に親権も安室奈美恵さんが持つことになりました。

 

 

~母の死~

1999年3月、沖縄の故郷で実の母親が義理の叔父によって殺害されたという事件が起きました。

実母と再婚相手の夫が横断歩道を渡ろうとしたところを、叔父が運転する車で跳ね、さらに車から降りた叔父はナタのようなもので実母の顔を中心に何度も切りつけられ、帰らぬ人となってしまったそうです。

犯人である叔父はその後、近くの山中で服毒自殺しました。

 

 

~事務所とのトラブル~

安室奈美恵さんはデビューから23年間という長い期間をライジングプロダクションという事務所に所属していました。

ライジングプロダクションは平哲夫と荻野目洋子が設立した事務所です。

2015年に安室奈美恵さんは、ライジング事務所を離脱し、レコード契約を結んでいるエイベックス系列の「Dimension Point」に完全移籍しました。

2014年の5月に安室奈美恵さんは、ライジング事務所に独立を持ちかけました。

ですが、安室奈美恵(側代理人)とライジング事務所の交渉は難航し、様々な憶測が飛びかい安室奈美恵さんが活動できない状況になり「引退」も持ち上がりました。

騒動が沈静化するまでは、事務所側が仕事を入れなかったようです。

揉めに揉めたようでしたが、結局、エイベックス側が、このまま安室奈美恵さんのアーチスト活動がストップしているのはもったいないということから、間に入ってエイベックスに移籍するという形で騒動は収まりました。

安室奈美恵さんが独立を考えたのは平氏に対する不信感が根底にあります。

2001年、ライジングプロは25億円という巨額の所得隠しで摘発され、平社長が2年の実刑判決を受けました。

この捜査の過程で平氏が『ヤクザ対策費』として数億円の裏金を暴力団関係者にバラ撒いていたことが明らかになったとされ、黒社会との親密な関係も表ざたになりました。

馬車馬のように働かされながら待遇が悪かったことも影響していた理由の1つでしょう。

 

 

安室奈美恵さんは、「ファンの皆様へ」としてコメントを発表しています。

「今日は、私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。

『わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。』

引退までのこの1年アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思ってます」と綴られていました。

 

 

数多くのヒット曲を生み出した音楽プロデューサーの小室哲哉さんも、安室奈美恵さんとの黄金コンビ再結成に意欲があり、「そういう機会があったらぜひやりたいね」と言っていましたので、素晴らしい音楽が最後にできあがるかもしれませんね。

引退までの1年、最後まで全力疾走する安室奈美恵さんの姿を楽しみにしたいです。

Finally (3CD+DVD+スマプラ) [ 安室奈美恵 ]

 - 芸能 , ,