hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


出家の清水富美加に疑問「芸能界を席巻する宗教」

   

出家の清水富美加に疑問「芸能界を席巻する宗教」

 

SHIMIZU FUMIKA 1st Photobook 清水富美加

 

宮根キャスター、出家の清水富美加に疑問「これはもめます。いろんな方に迷惑かけている」

13日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、幸福の科学に出家し芸能界を引退すると電撃発表した女優・清水富美加(22)について冒頭で特集。

コメンテーターとして出演した芸能リポーターの井上公造氏(60)は事務所に所属後、「8年間、ずっと悩んでいた」という清水の主張について「ずっと悩んでいたなら、なぜ毎年毎年、契約を更新してきたんだろう」と疑問を呈し、「宗教活動をしながら、芸能活動をしている人もいっぱいいますから。なぜ、5月(の契約更新)まで(出家を)待てないのか」と続けた。

さらに「水着などの仕事がいやで仕方なかったのに、事務所にそういう仕事を入れられた」という主張についても「年頃の女の子は水着いやがるものなのはわかるけど、いろんな仕事をくぐり抜けて、大きくなって、スターになっていくんだと思うんです」と井上氏は持論を展開。「給料が5万円だった」などの主張についても「事務所に入って、一人前になっていく過程での話。お相撲なら十両になるまで、お給料無しが当たり前。女優として大成功していて、もともと自分の望んでいた道なのに、なぜ数日間で急変したのかがわからない」と最後まで複雑な表情を浮かべた井上氏。「今後、(出家を)周囲にどう納得してもらえるのか。非常に難しい話だと思います」とチクリ。

宮根誠司キャスター(53)も「これでは引退というより(現事務所から幸福の科学への)事務所の移籍。今後も芸能活動をやるなら、なぜ5月20日(の現事務所との契約切れ)まで全うできなかったのか。これはもめますよね。いろんな方に迷惑かけているのだから、いろんな仕事が一段落してから(出家)がいいのでは」と締めくくった。

引用元ヤフーニュース

坂上忍 清水富美加の月給5万円は正当 「僕らの時もそうだった」

俳優の坂上忍が13日、フジテレビ系「バイキング」に生出演し、芸能界のギャラ事情を明かした。

番組では、女優・清水富美加の宗教法人「幸福の科学」への出家と引退の話題を取り上げ、坂上は所属事務所、幸福の科学の主張が大きく食い違った清水の待遇面について言及した。

幸福の科学では仮面ライダーの仕事をしていた2011年ごろは月給5万円だったなどと主張。所属事務所は売れてからは仕事に見合う高額な報酬を支払ったとしたが、坂上は「両者の会見を見ましたが、幸福の科学さんは芸能界ではプロではないから」と自らの経験を踏まえたギャラ事情を告白。

「仮面ライダーの仕事は出たら人気になるが、ギャラなんて微々たるもの」と5万円の月給を正当とし、「名前のある方が仮面ライダーに出られても、あの枠ですからね。そのかわり、まとめ撮りして拘束期間をぎゅっと縮めて配慮の中で成立している」と説明した。

ゲスト出演したラサール石井も「大手のプロダクションでも月給5万円ぐらい」と若手の懐事情を明かすと、坂上も「僕らの時もそうだった」とうなずいた。

一方、人気が出てくると、月給か歩合の2択が提示されるといい、坂上は「安心がいいですか?儲けがいいですか?って選択権が与えられる」と芸能界のシステムを明かしていた。

引用元ヤフーニュース

 

ふみかふみ

 

LiLiCo、清水富美加の出家に「天狗という感じ」出演映画の“お蔵入り”危機に不快感

タレント・LiLiCo(46)が13日、幸福の科学に出家し芸能界を引退すると電撃発表した女優・清水富美加(22)の行動に疑問を呈した。

LiLiCoは、同日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)にゲスト出演。清水について聞かれると、「すごい面白い子だと思っていた。(バラエティー番組でも)言っていることがうまいなと思っていた」と才能を評価していた。テレビ局の廊下で会った時に、「頑張っているね。天狗になるなよ」と冗談で話しかけたら清水は「私なんて天狗になれませんよ」と答えたエピソードを披露した。

ただ、今回の騒動についてLiLiCoは「出家は本人の自由だけど、契約が残っている訳だから…。(出演映画も)お蔵入りになるとか一言で言うけど、一生懸命やってようやく映画に出られた新人だっているし、関わっている人がたくさんいる。(清水は)連絡が付かないとか、居留守状態でしょう。天狗(になっている)という感じかな」と感想を語った。

「(悩みを)相談出来る人がいなかったのかな。(仕事を)全部片づけてから(出家という決断)でも良かったんじゃないかな」と最後まで納得のいかない表情を浮かべていた。

引用元ヤフーニュース

清水富美加さんの他にも…芸能界を席巻する宗教 過去には桜田淳子さんら入信

女優の清水富美加さん(22)が出家した宗教団体「幸福の科学」には、女優の小川知子さん(68)や作家の景山民夫氏(故人)らが入信したことで話題になった。芸能界では、清水さんのように宗教活動に専念するため芸能活動を突然、休止した例がまだある。

歌手の桜田淳子さん(58)は1992年に世界基督教統一神霊協会(統一教会)の合同結婚式に出席し会社役員と結婚。芸能活動を休止し、事実上の引退となった。2013年5月にはサンミュージック会長、相沢秀禎(ひでよし)氏の通夜に参列、久しぶりに公に姿を見せた。同じ合同結婚式には元新体操選手の山崎浩子さん(57)らも参加した。

また歌手の鹿島とも子さん(66)は、1994年7月に開いた記者会見で芸能界を引退してオウム真理教に出家することを発表。翌年、長女の監禁容疑で逮捕された。現在は芸能活動を再開している。

引用元ヤフーニュース

清水富美加の事務所先輩ユージ、“安月給”認めながらも給料システムを解説

清水富美加(22)と同じ事務所に所属するタレントのユージ(29)が13日、TBS系「ゴゴスマ ~GO GO!Smile!~」(月~金曜、後1時55分)に出演。事務所の先輩という立場から清水の出家引退騒動について見解を示した。

「レプロガールズオーディション2008」でグッドキャラクター賞を受賞しデビューした清水。ユージは所属タレントとしてその場に立ち会っていたという。目標としているタレントにユージを挙げていたこともあったという。

「彼女はどこに行こうと彼女の自由なんです。むしろ同じ事務所にいてそんなに辛い思いをしていたことに、僕自身も気付かなかったことに対しては大変申し訳なかったなと思います」と切り出した。「ただそれと同時にこういう報告があまりに一方的過ぎるなという印象もあります。そんなに悩んでいたんであれば、おそらく誰かにもっとちゃんと相談していれば、そんな冷たい対応はとっていないと(思う)。僕は会社の人間を全員知ってますから。そんな冷たい人いたかな、彼女だけにそんな冷たいことしてたのかな、とちょっと疑い深いところもある」とした。

低賃金で働かされたという主張については「安いのは認めます」とユージ。一般的に駆けだしが低賃金であることは様々な業界でもあることとし「最後にもらっていた金額もどうせなら発表して欲しかった。具体的には知らないですけど22歳の彼女がもらっていた最後の金額を聞いたら、果たしてかわいそうだったと言えるかどうかは」と意見した。また「稼ぎ出したら月給制に移行した」と言う清水側の主張については「稼ぐようになったら変わるんじゃなくて、契約している部署が違う。芸能部門というのがあって、芸能部門は例外なく給料制。芸能部門に入ったから固定給になっただけで、稼ぐようになったからではないんです。たまたま入ったタイミングで仕事が増えたからそう感じたのかもしれない」と社内のシステムを説明した。

「彼女と二人三脚でやってきたマネジャーさんがいる。その人にだけでも連絡してあげて欲しい。彼女がいなくなったことに対して、マネジャーが負わされる責任が一人では重すぎることになっている。たぶん彼女は清水富美加ちゃんに真剣に向き合ってきたつもりだけど、至らなかったのは申し訳ない。ただ、今、彼女の傷も相当大きいので。この人にも連絡取って欲しい」と連絡が取れなくなっている清水に画面を通して語りかけていた。

引用元ヤフーニュース

 

清水富美加 Popping Time [DVD]

 - 芸能