芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

hotnews-trendo

芸能

アーノルド・シュワルツェネッガー妻との離婚発表から7年、まだ結婚していたって知っていた?

投稿日:

 

7年前から別居しているアーノルド・シュワルツェネッガー(70)とマリア・シュライバー(62)夫妻だが、離婚がまだ成立していないようだ。シュライバーは2011年、シュワルツェネッガーが元家政婦との間に隠し子をもうけていたことが発覚した後、離婚申請に踏み切った。

ところが今年7月1日、ついに正式に成立することがないまま、夫妻は“離婚申請7周年”を迎えた。つまり法的に、アーノルド・シュワルツェネッガーとマリア・シュライヴァーは、現在も正式な“夫婦”のままだ。

2人に近い関係者らの話によると、離婚調停においていくらかの困難はあったものの、資産は双方が半分ずつ分けることになっているため、深刻な問題はないという。

いったい何がネックとなり、手続きは一向に進まないままなのか。ふたりの間には四子がおり、うちふたりは当時未成年だったが、特に争うこともなく即座に共同親権に同意していた。いまとなっては末っ子も20歳となり、もはや子どもは理由にならない。

米TMZは、いまだにふたりが離婚届けにサインするそぶりすら見せていないと報道。夫アーノルド・シュワルツェネッガーは「離婚の決着に興味なし」、申請した側である妻マリア・シュライヴァーも、行きつ戻りつを繰り返し、どうにもはっきりしない態度だ。

現時点で、ふたりの復縁は否定されているものの、今後どうなるかは神のみぞ知るといったところか。

-芸能
-,

Copyright© hotnews-trendo , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.