hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


アッコ、難病「シェーグレン症候群」の苦しみ明かす「常に水がないと生きていけない」

   

アッコ、難病「シェーグレン症候群」の苦しみ明かす「常に水がないと生きていけない」
歌手・和田アキ子(66)が22日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)で、涙や唾液が出にくくなる難病「シェーグレン症候群」に罹患しているため、水を手放すことができない生活を送っていることを明かした。

この日のゲストは宮城・慈眼寺住職の塩沼亮潤氏(48)。塩沼氏は1300年間でわずか1人しか成功していなかった修行「大峯千日回峰行」の2人目の達成者となった僧侶。

 「大峯千日回峰行」は奈良・大峯山の48キロの山道を1日48キロ、16時間かけて1000日間毎日歩き続け、それが終わった後、9日間、飲まない、食べない、寝ない、横にならないという行をこなすという過酷なもの。99年にこの行を成し遂げ、大阿闍梨となった塩沼氏に対し、「すごすぎる。信じられない」と感心しきりの和田。

 中でも9日間、何も飲まないという点について、「私は無理。膠原(こうげん)病のシェーグレン症候群ですから。常に水がないと生きていけない」と告白。和田は数年前から同番組でシェーグレン症候群のため、筋肉痛がとれないなど「常に満身創痍」であることを明かしている。

 シェーグレン症候群は、関節や筋肉に痛みが出る膠原(こうげん)病の一種で涙や唾液を作りだしている涙腺、唾液腺などの外分泌腺に慢性的に炎症が生じ、涙や唾液の分泌が低下、乾燥症状を呈する自己免疫性疾患。原因は特定されていない。

引用元ヤフーニュース

 - 芸能