hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


はねだえりか、CoCoメンバーとの確執&シングルマザーになった真相を激白

   

はねだえりか、CoCoメンバーとの確執&シングルマザーになった真相を激白

かつて一世を風靡したアイドルグループ・CoCoのはねだえりか(43歳)が、11月3日(木)に放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況秘報告~』(テレビ東京系列、毎週木曜24:12~)に出演。アイドル時代の裏事情とシングルマザーになった真相を赤裸々に語った。

■トップアイドルの金銭&恋愛事情
1989年にデビューしたアイドルグループのCoCoは、デビュー曲から11曲連続でオリコンベスト10入りを果たすなど、一躍トップスターに。固定給だった月収はMAXで3ケタだったとか。当時のはねだは学生だったということもあり、月に1万円のお小遣い制。給料は全額母親が管理していたらしい。

アイドル時代は、恋愛禁止が暗黙のルール。しかし、はねだにアプローチしてきた男性芸能人がいた。そのタレントは、井手らっきょ。番組収録で海外に行った時、電話番号を渡されたとか。奥手だったはねだは「いつかけていいのか分からなくてかけなかった」と、当時を振り返った。

■CoCoの知られざる一面
女性5人のグループ内には、自然な形で“派閥”ができていたと語るはねだ。「2:2:1」「4:1」といった構図で、「1」は自分だったと告白。孤立した存在のはねだは、メンバーたちに挨拶をしても無視されたことがあったという。

この派閥争いは、それぞれのファン同士にも飛び火。コンサートではねだがソロパートを歌っていると、一番仲が悪かったメンバーのファンから生卵を投げつけられたり、握手会で手を握りつぶすくらいギューっと握られたことも。…

CoCoは約5年の活動で解散したが、はねだは「ホッとした」と率直な思いを明かした。

■シングルマザーになった理由は?
39歳の時、妊娠を機に約5年ほど交際していた一般男性と婚約。自身のブログにも喜びのコメントを残していた。だが、現在は3歳の息子を一人で育てている。

妊娠、出産と育児に追われていく中で、自分の中から「結婚」という2文字がなくなったのが一つの原因。そして、もう一つは相手の男性があまり協力してくれず、お互いに自分の気持ちをぶつけ合っていく中で、次第にすれ違っていたらしい。結局、結婚はしなかったものの、相手の男性は子どもを認知。養育費などのサポートもあり、月に1回ぐらい子供と会っているという。

この日は他に、草刈正雄の娘である紅蘭が衝撃の私生活を、ものまねタレント・清水アキラの息子である清水良太郎が二世ならではの悩みを暴露。また、かつて風水ブームを巻き起こしたDr.コパが現在手掛けている秘密の仕事について語った。

引用元エキサイトニュース

 - 芸能 ,