hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


「奇跡の人」オスカー女優パティ・デユークさん死去

   

WS000000

映画「奇跡の人」のヘレン・ケラー役で知られるオスカー女優パティ・デユークさんが
米国時間の29日に69歳で亡くなられました。

米情報サイトTMZでは米情報サイトTMZによると、
デユークさんは午前1時20分、腸の破裂による敗血症で亡くなったそうです。

「母は長い間、痛みに耐えていたので、家族は今安堵している」と
デユークさんの息子で俳優のショーン・アスティン(45)は心情を明かし、
夫のマイケル・ピアース氏と3人の子供たちに看取られながら息を引き取ったとの事です。

「今朝、愛する妻、母、女性指導者、洗練されたアーティスト、人道主義者、精神的健康のチャンピオンであるアナ・パティ・デュークが目を閉じ、痛みを鎮め、美しい場所へと旅立った。彼女が仕事と人生を通じ、分かち合った永遠の愛と同情を祝福します」
と、デユークさんの家族はコメント。

デユークさんはニューヨークで生まれ、子役で映画界入りしました。
1963年の16歳の時に映画「奇跡の人」でアカデミー賞助演女優賞を受賞し、
1969年には、映画「ナタリーの朝」でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞しています。

映画や演劇だけでなくテレビ女優としても活躍し成功を収めてきているデユークさんは
エミー賞を3度受賞しており、1963年より放送開始したコメディ番組「パティ・デューク・ショー」では
瓜二つの従妹役で二役を演じ、エミー賞候補になりました。

4度の結婚経験をし、3人の子供に恵まれ、
子供のうちの1人は映画「ロード・オブ・ザ・リング」でサム役を演じた俳優ショーン・アスティン(45)。

80年代に出版した自伝では、双極性障害と診断されたことを公表し、精神疾患の理解に向けた運動にも取り組みました。

三重苦の困難を乗り越え社会福祉に身を捧げた偉人ヘレン・ケラーの物語。
生後19ケ月で、熱病により目が見えず、耳も聞こえず、言葉も喋れなくなってしまったヘレン。両親の献身的な行動にも関わらず、ヘレンを受け容れてくれる学校はなかった。そんな時、自身も盲目を克服した女教師アニー・サリヴァンが一家の前に現れる。サリヴァンは、文明から隔絶してしまったかのような7歳の少女ヘレンに、彼女を取り巻く世界を認識させようと必死に努力を重ねていく…。

 - 芸能