hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


「バイキング」生放送中にASKAブログが続々更新、坂上忍も動揺

   

「バイキング」生放送中にASKAブログが続々更新、坂上忍も動揺
フジテレビ系情報番組「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された歌手のASKA(58)を東京地検が19日に不起訴処分にした件について出演者らがトークしている最中に、ASKAが自身のブログを2度更新した。刻一刻と動く事態に、MCの坂上忍(49)は「おれ、こんな雰囲気、この前『ミヤネ屋』で見たような気がする」とやや興奮気味に声を上ずらせた。

 番組では覚醒剤の陽性反応が出た液体について、ASKAは逮捕後の取り調べで「あらかじめ用意したお茶を、採尿カップに入れた」と供述。警視庁は「液体から覚醒剤成分が検出されたことは間違いないが、この供述を否定できず、ASKAの尿と立証することができなかった」などと不起訴処分の理由を説明したことなどを取り上げた。

 するとASKAが番組放送中に「ずっと考えていました」のタイトルで更新。尿検査の際、お茶にすり替えた理由を説明した上で、警察の動きについて「人権問題です」とつづった。

 番組放送中の更新だったため、スタジオはざわつきノートPCを持ち込んで全文を読み上げた。

 さらに今度は「先ほどのエントリーを、読み直してみました。」とのタイトルでASKAがまたブログを更新。「あれでは、警察が一方的に悪者になってしまいますね。失礼しました」とした。その内容は「実は、陽性になったのには、ひとつの理由があるのです。科捜研に間違いはないと思います。ただ、まだ語ることのできない理由があります」とした上で「もう一度、書かせてください。近いうちに、詳細を語らせていただきます」。「これだけは、言えます。僕は無実です」と書いていたことを紹介した。

 坂上忍は急に咳き込み「ごめんね、おれ、ビックリしすぎて咳が出た」と驚いた様子。さらに「おれ、こんな雰囲気、この前『ミヤネ屋』で見たような気がする」と、ASKAの逮捕直前に日本テレビ系情報番組「ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)の宮根誠司アナウンサーが、ASKAと電話で直接話し、翌日そのやりとりが放送されたことを引き合いに出し、興奮した様子で声を上ずらせていた。
引用元Infoseek

 - 芸能