hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


錦織 2年ぶり4強、崖っぷちからの大逆転勝利<男子テニス>

   

錦織 2年ぶり4強、崖っぷちからの大逆転勝利<男子テニス>

マイアミ・オープン男子
男子テニスのマイアミ・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード)は31日、シングルス準々決勝が行われ、第6シードの錦織圭(日本)が第16シードのG・モンフィス(フランス)に4-6, 6-3, 7-6 (7-3)の逆転で勝利し、2年ぶりのベスト4進出を決めると同時に、マスターズ初優勝まであと2勝とした。

この試合、第1セットの第1ゲームでモンフィスにブレークされた錦織。第4ゲームではブレークバックに成功し、ゲームカウント2-2と追いつくも、続く第5ゲームで2度目のブレークを許して、今大会初のセットを落とした。

第2セットでは第4ゲームで錦織がブレークし、その後はリードを守ってセットカウント1-1とする。

勝敗を決めるファイナルセットでは一進一退の攻防が続く中、第10・第12ゲームでモンフィスにマッチポイントを握られる。しかし、この大ピンチを切り抜けると錦織が主導権を握り始め、タイブレークの末に勝利を手にした。

両者は今回が2度目の対戦で、錦織は対モンフィス戦を2連勝とした。

準決勝では、第12シードのM・ラオニチ(カナダ)と第24シードのN・キリオス(オーストラリア)の勝者と対戦する。

錦織らが位置するボトムハーフ(対戦表の下半分)とは反対のトップハーフ(対戦表の上半分)では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第15シードのD・ゴファン(ベルギー)が準決勝へ駒を進めている。

今大会は第3シードのR・フェデラー(スイス)が胃のウイルス性疾患で棄権。さらに第4シードのS・ワウリンカ(スイス)と第5シードのR・ナダル(スペイン)が初戦敗退、第2シードのA・マレー(英国)は3回戦で敗れ、トップ5シードで4選手が早期で姿を消した。錦織にとってマスターズ初優勝のチャンスとなっている。

26歳の錦織は、過去のマスターズで2014年のムチュア・マドリッド・オープン準優勝が最高成績。その時はナダルと決勝で対戦するも、怪我により無念の途中棄権を強いられた。

マイアミ・オープンでは2014年にフェデラーらを破り4強入り。昨年は準々決勝でJ・イズナー(アメリカ)に敗れた。

今シーズンは1月の全豪オープンで2年連続3度目の8強入り、2月のメンフィス・オープンでは大会史上初の4連覇を達成。前週まで行われたBNPパリバ・オープン男子ではナダルに敗れるもベスト8へ進出した。

一方、敗れたモンフィスはこれまでキャリア通算5大会で優勝しており、世界ランキングでは2011年の7位が自己最高。グランドスラムでは2008年の全仏オープンでベスト4へ進出している。

今大会では初戦の2回戦で予選を勝ち抜いた伊藤竜馬(日本)、3回戦で第23シードのP・クエバス(ウルグアイ)、4回戦で第26シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を下しての勝ち上がりだった。

引用元ヤフーニュース

 - スポーツ