hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


荒木絵里香「1点を取る大変さを痛感した」=バレー五輪最終予選第6戦

   

荒木絵里香「1点を取る大変さを痛感した」=バレー五輪最終予選第6戦

バレーボール女子のリオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア大陸予選は21日に第6戦が東京体育館で行われ、日本はイタリアと対戦。2-3(25-23、25-27、25-27、25-21、9-15)のフルセットで競り負けたものの、4位以上が確定し4大会連続12度目の五輪出場を決めた。

 日本は第1セットを先取し五輪出場へあと1セットに迫ったものの、イタリアの手堅い守備からパワー、テクニックを備えた攻撃に手を焼き第2セットを奪われてしまう。続く第3セットも連取したイタリアに五輪切符を先につかまれるが、迎えた第4セットを木村沙織のスパイク、サービスエースで突き放してこのセットを奪い返す。2セット奪ったことで勝ち点1を獲得し、リオ五輪出場を決めた。出場権獲得を勝利で飾りたい日本だったが、最終セットはイタリアのサーブ&ブロックによる連続得点を許し、最後までリードを許したまま試合終了を迎えた。

 世界ランキング(2015年10月6日付)5位の日本は22日の最終戦で、同14位のオランダと対戦する。

 以下は試合後の荒木絵里香(上尾メディックス)のコメント。

「リオの出場権を獲るという目標をまずクリアできたことはうれしく思います。でも勝ち切りたかったです。

(試合前から)2セットを取ったら五輪に行けるということが私自身は分かっていましたが、みんなで話したわけではないので、全員が分かっていたかは分かりません。とにかく『今日の試合を勝とう』と話していました。全部のセットで1点を取る大変さを痛感したし、苦しい場面が多かったです。チームも個人的にも足りない部分が多かったので、切り替えてやっていきたいです」

引用元ヤフーニュース

 - スポーツ