hotnews-trendo

芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

nend


羽生結弦「緊張の質に適応しきれなかった」/一問一答

   

羽生結弦「緊張の質に適応しきれなかった」/一問一答

<フィギュアスケート:世界選手権>◇1日(日本時間2日)◇米ボストン◇男子フリー

 羽生結弦(21=ANA)が、まさかの逆転負けを喫した。ショートプログラム(SP)で2位に12・04点差をつけて2季ぶりの優勝を狙ったが、4回転ジャンプで転倒するなどミスが相次ぎ、合計295・17点で2年連続の2位に終わった。

 -なぜ緊張した

 追われる追われないに関係なく、自分がフリーに向かって集中したい、1つ1つのジャンプをうまくやりたいと思っていました。それってやっぱり緊張すること、どんな本番でも緊張する。緊張の質に適応しきれなかったです。

 -今回学んだこと

 世界選手権って、大きな舞台だなとあらためて感じました。ただ、(優勝した)ハビエル(フェルナンデス)みたいにノーミスする選手もいれば、僕みたくミスが多かったり、(5位の)パトリックみたいに壁にぶつかることもある。ドラマがある。

 -何か感覚が違ったのか

 いつも違います。でも、出来る人はできるから。それで出来なくちゃ話にならない。

 -4回転サルコーの手応え

 悪くはないと思いました。実際に6分間練習もよかったし。ただ6分間練習に引きずられちゃったかな、というのはあります。またこの2番滑走という、今まで経験してこなかったこともあるかもしれない。もっともっと、いろんなことが出来たなあと思ってます。

引用元ヤフーニュース

 - スポーツ