芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

hotnews-trendo

スポーツ

本田圭佑、日本の強みは?と聞かれ「〇〇です」と話題に「あれ、また顔変わった?」の声 W杯、本田圭佑に日本中が総「手のひら返し」

更新日:

「2018 FIFA ワールドカップ(W杯) ロシア大会」のグループステージが佳境を迎え、国内のサッカー熱がますますヒートアップしてきた。日本代表は前評判を大きく覆す健闘をしているのだが、インターネット上ではそんな日本代表への“手のひら返し”が話題になっている。

 

大会の約2カ月前、日本サッカー協会は日本代表監督だったハリルホジッチ氏を電撃解任。不明瞭な解任理由に加え、ハリルホジッチ氏が監督を務めていた時と起用する選手を大きく変えたことが物議の対象に。代表選出の当落線上にいた本田圭佑、香川真司、岡崎慎司などのベテラン勢を重用して、「ベテランに気を遣いすぎ」「本田の言いなりかよ」といった批判が続出。“おっさんジャパン”“忖度ジャパン”などと不名誉な呼び方までついてしまった。

 

さらに大会開催直前の親善試合でも、ガーナ代表に0-2で敗北、スイス代表に0-2で敗北してしまう。スイス代表に完敗した直後に西野朗監督がポジティブなコメントをすると、ネット上では「危機感がなさすぎる」「自分たちの状況がまったくわかってないね」「4年に1度の楽しみを返せ」といった声が続出。スタメンで出場した本田には「今からでも辞退しろ」「お前のための代表じゃねえんだよ」など罵声が浴びせられ、期待値はかなり低いまま大会へと挑むことに。

 

しかし、下馬評では引き分けでも上出来といわれていたコロンビア代表との試合に勝利すると、空気は一気に変わり、一躍“西野ジャパン”フィーバーとなった。続くセネガル代表との試合では、非難され続けてきた本田が後半33分に同点ゴール。チームを敗戦の危機から救う活躍を成し遂げる。

そんな日本代表と本田の活躍に、ネット上では「本田選手本当にすいません。めちゃめちゃ叩いてたので土下座します」「名将・西野監督! ハリルなんていらなかったんだ!」「ベテラン勢の大活躍が光るな」「本田選手は間違いなく日本サッカー界のレジェンド」と大会前とは評価が一転。

 

そんな本田圭佑さんは独自の感性を持つことで知られ、これまで数々の名言を残してきたが、またもやカッコ良すぎる名言が誕生したのでお伝えしたい。果たして外国人記者から「日本の強みは?」と聞かれた本田選手が放った言葉とは……?
今回ご紹介するのは2018年6月26日に本田選手が自身のTwitterで明かしたものである。外国人記者に「日本の強みは?」と聞かれた本田選手は何と答えたのだろうか?

 

「外国人の記者に “日本の強みは?”って聞かれて “犠牲心です”って答えた。日本にはあかんとこも沢山あるけど、一方で他には逆立ちしても真似できひん美徳もありすぎて難しいのよね。あと美徳を英語で言うのがむずい……」

 

ネットの声
「カッコいいです!」
「さすが本田! シビれた!」
「深いぜ! 本田△!」
「いつも本田さんの言葉に胸を打たれてます」
「犠牲心で予選を勝ち抜いてくれ!」
「ずっと本田さんを信じてました」
「もう美徳って英語をケイスケホンダにしよう」
「ポーランド戦も期待してます!」

ネット上ではやはりというべきか、賞賛の声が相次いでいる。

 

本田圭佑さんの目が昔と違う!原因は何?

本田圭佑さんの目が以前と違うと言われています。その原因となっているものは何だったのでしょうか?
「整形疑惑」も出るほど変わってしまった本田圭佑さんの顔ですが、特に目が変わってしまいました。しかし、この目が変わってしまったことにたいして、さまざまな憶測を呼んでいるようなのです…

 

本田圭佑さんは、2012年6月にレーシック手術を受けているのですが、この当時の写真はまだそんなに変化はなく、昔の面影があります。
本田圭佑の目がおかしいのは、レーシックの手術の失敗と言われてましたが、そうではなくバセドウ病ではないかと言われています。

 

本田圭佑さんはACミラン移籍前の2013年12月頃に頸部の手術を受けていたことを公表していますが、病名については伏せています。
「日本代表のエースMF本田圭佑(27=ACミラン)が、 頸部(けいぶ)の手術を受けていたことが1日、明らかになった。首の付け根付近を横に約10センチ、メスを入れた。日刊スポーツの取材では昨年12月にCSKAモスクワを退団してから、今年1月にACミラン入りするまでの1カ月間に国内で手術に踏み切ったものとみられる。」

 

シンガーソングライターの絢香さんはバセドウ病を患い、一時期活動を休止していました。
X JAPAN YOSHIKIさんも患ったバセドウ病とは一体どんな病気なのでしょうか。

バセドウ病を発症すると、甲状ホルモンが異常分泌されるため、眼球突出だけでなく、様々な症状が現れます。その代表的な症状は次の通りです。

甲状腺が膨れる為、太くなったよう見えたりする。

眼球が前方に突き出ることがある。

脈拍が速くなり、動悸を感じるようになる。

新陳代謝が活発化し、汗をかきやすくなる(夏の暑さに耐えられない/冬でも暑い)

大量のエネルギーが必要なので食欲が出すぎる。

内分泌のバランスが崩れて精神的に不安定となり、イライラする。

手足が震える。

とても疲れやすくなり、ちょっと動いただけで全力疾走した時のような疲れが出る

バセドウ病は複視といって、物が二重に見える症状もある

 

頻脈とか疲れやすくなるとか、物が二重に見えるとか……その症状を一つ一つ見ていくと、プロのサッカー選手には致命的な症状が並んでいることがわかります。このような大変な症状に見舞われつつも、多くの試合をこなし、ワールドカップにまで出場した本田圭佑選手はとても凄いとしか言いようがありません。

 

オリンピックの水泳バタフライで銅メダル獲得し、大きな賞賛を得ている星奈津美選手も本田圭佑と同じくバセドウ病であることを公表しています。
彼女の場合は、動悸や息切れが激しく、一時期はほとんど水泳の練習もできないほど、症状が悪化していたと言います。しかし、現在はその病気を克服して、見事オリンピックのメダリストにまで上り詰めました。病気を抱えて、一時は選手生命まで危ぶまれながらも獲得したメダル。その功績は結果云々では語りきれない価値を私たちに教えてくれます。人間不屈の精神で取り組めば何事も乗り越えることができるのだと教えてもらいました。
しかもメダル獲得後には結婚も発表と、とにかく嬉しいニュースを日本国民に提供してくれています。

 

目の変化が病気によるものだったとしても、私たちは本田さんの活躍を見守っていくだけではないかと思います。
果たして28日のポーランド戦では、どんなドラマが巻き起こるのだろうか。
とにもかくにも、開幕前に多くの日本人はW杯がここまで面白くなると思っていなかっただろう。グループリーグ突破をかけた大一番は6月28日の23時(日本時間)キックオフだ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

-スポーツ
-, , , , ,

Copyright© hotnews-trendo , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.