芸能、エンタメ、一般ニュースなど幅広いジャンルのトレンド情報をお届けします。

hotnews-trendo

スポーツ

ワールドカップ「こんなことがありました」W杯2018ベスト11(7月12日)

投稿日:

 

 

ワールドカップ(W杯)29日目。前日まで行われた準決勝の結果を受けて、14日の3位決定戦はベルギー対イングランド、15日の決勝はフランス対クロアチアに決まった。それまでの2日間はノーマッチデーのため、今回と次回は「出来事」と「選手」でW杯ロシア大会を振り返ることにしたい。今回は「こんなことがありました」という出来事のベスト11。個人的に印象に残った、今大会のトピックスを11選んで並べてみた。フィナーレに向けた余興として、お読みただければ幸いである。それではさっそく11位から。

引用元
https://russia2018.yahoo.co.jp/column/detail/201807120006-spnavi/

 

【11位】アイスランドの元映像作家、メッシのPKを止める

初出場かつ人口約35万人の小国ながら、初戦でアルゼンチンと引き分けて世界を驚かせたアイスランド。そのクライマックスは後半19分、リオネル・メッシのPKを34歳のGKハネス・ハルドルソンが止めた瞬間であろう。このハルドルソン、もともとアマチュアの選手で、本職は映像作家。彼が製作した、アイスランド代表をフィーチャーしたコカ・コーラのCM映像は、動画投稿サイトでも大いに話題となった。

 

【10位】スペイン代表監督、開幕前日に解任

W杯開幕前日の6月13日、世界を驚かせるニュースが打電された。スペイン代表のフレン・ロペテギ監督が、突如解任されたのである。同監督は、スペインサッカー連盟との契約を残しながら、レアル・マドリーの監督に就任することが決まったこと、それを知らされていなかったことが解任の直接の原因となった。メガクラブが相手とはいえ、代表監督のステータスが著しく低下したことを象徴するような事件であったと言える。

 

【9位】日本人選手がアジア人初の3大会連続ゴール

グループステージのセネガル戦に途中出場した本田圭佑が、後半33分に同点ゴールを決めて、10年南アフリカ大会(カメルーン戦とデンマーク戦)、14年ブラジル大会(コートジボワール戦)に続く3大会連続ゴールを記録した。合計4得点はアジア人選手としては初である。

 

「高速カウンター」「初のPK勝利」そして「全滅」

 

【8位】前回優勝国のドイツ、アジア勢に敗れてグループステージ敗退

優勝候補の最有力に数えられていたドイツが、グループステージで姿を消した。ドイツは初戦でメキシコに0−1で敗れ、続くスウェーデン戦には2−1と勝利。しかし最後の韓国戦では、何度もシュートを放ちながらゴールを奪えず、終盤の韓国の2ゴールに屈した。W杯でドイツがアジア勢に敗れたのはこれが初めて。10年大会のイタリア、14年大会のスペインに続き、3大会連続で前回王者がグループステージで姿を消すこととなった。

 

【7位】わずか9秒間の高速カウンターでベルギーが日本に逆転勝利

ドラマは2−2で迎えた後半アディショナルタイムに待っていた。本田のCKをキャッチしたベルギーGKティボー・クルトワが起点となり、ボールはケビン・デブライネへ。デブライネがドリブルで持ち上がり、右サイドを走るトーマス・ムニエへパス。ムニエが低いボールを折り返すと、ニアのロメル・ルカクがスルーし、逆サイドのナセル・シャドリが左足で逆転ゴールを決めた。この奇跡のようなカウンターは、世界中のメディアの話題となり、今大会のベストゴールの1つとして今後も記憶されることだろう。

 

【6位】ラウンド16でイングランドが大会初のPK勝利

1−1のまま延長戦でも決着がつかず、PK戦までもつれたコロンビアとのラウンド16。イングランドは守護神ジョーダン・ピックフォードがカルロス・バッカのキックを左手一本でセーブすると、エリック・ダイアーが見事にシュートをゴール左に決め、ベスト8進出を果たした。イングランドはこれまでPK戦にめっぽう弱いことで知られ、W杯では4度目にして初の勝利。ちなみに監督のガレス・サウスゲートも現役時代、1996年の欧州選手権(ユーロ)準決勝のドイツ戦で、PK戦の7人目のキッカーを務め失敗している。

 

【5位】アフリカ勢がグループステージで全滅

今大会、アフリカから本大会に出場したのは、エジプト、モロッコ、ナイジェリア、セネガル、チュニジアの5カ国。カメルーンやガーナやコートジボワールといった「常連」が予選敗退となったことを考えても、アフリカのレベルそのものが下がったとは思えない。とはいえ今大会は、エジプト、セネガル以外の4カ国は軒並み厳しいグループに入ってしまう不運に見舞われ、グループステージでの勝利はナイジェリアとチュニジア、セネガルが1勝ずつを挙げたのみ。結果として、1982年スペイン大会以来の「全滅」となってしまった。

 

「フランスの神童」「VAR導入」そして第1位は?

 

【4位】フランスの神童エムバペ、キング・ペレに並ぶ

弱冠19歳ながら、フランス代表の10番を背負うこととなったキリアン・エムバペ。その期待が伊達ではないことを見せつけたのが、アルゼンチンとのラウンド16であった。抜群のスプリント力と老かいなスキル、そして尋常ならざるゴール感覚を持つ神童は、後半19分と23分に連続ゴールを挙げて勝利に貢献。10代の選手が、ノックアウトステージで2ゴールを挙げるのは、58年大会のペレ以来の快挙であった。この試合は、おそらく「メッシ最後のW杯のゲーム」とセットで記憶されることだろう。

 

【3位】VAR導入と「四角い窓」ジェスチャーのブーム

今大会のルール変更で最も注目されたのが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の本格導入である。結果として「疑惑のゴール」や「疑惑のファウル」は目に見えて減った一方、PKやアディショナルタイムの増加といった副産物も生んだ。またVAR判定を要求する「四角い窓」のジェスチャーも、選手の間ですっかり定着。そんな中、今大会で最もVAR判定に左右されたのは韓国だろう。初戦のスウェーデン戦ではVARでPKを与えて敗戦。しかし最終戦のドイツ戦では、逆にVARで先制ゴールが認められ、これが歴史的な勝利につながった。

 

【2位】W杯優勝国がことごとくセミファイナル前に姿を消す

これまで20回開催されたW杯の優勝経験国は、わずかに8カ国。準決勝の4カ国には、それらの国々が名を連ねるのが、これまでの常であった。しかし今大会は、まずイタリアがプレーオフに敗れ予選敗退。ドイツがグループステージで、アルゼンチンとスペインがラウンド16で、さらにブラジルとウルグアイが準々決勝で敗退となり、ベスト4に残った優勝経験国はフランスとイングランドのみとなった。一方で今大会は、ベルギーやクロアチアといった、優勝未経験国の躍進が目立ち、クロアチアは初優勝まであと一歩と迫った。

 

【1位】「3試合連続延長」だけでない、クロアチアを襲ったアクシデント

そのクロアチア。ノックアウトステージでは3試合連続で120分間を戦ったことが話題になっているが、それ以外にも苦難の連続であった。まずグループステージ初戦で、途中出場を拒否したニコラ・カリニッチがチームから追放される。続いてデヤン・ロブレンが大会と契約していない飲料を口にしたため、FIFA(国際サッカー連盟)から日本円にして、およそ780万円の罰金処分。さらに準々決勝でロシアを破った際には、オグニェン・ブコイェビッチコーチがSNSに政治的なメッセージ性のある動画を投稿したとして、やはりチームから離れている。クロアチアにとっては、まさに傷だらけのファイナル進出であった。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

-スポーツ
-, , ,

Copyright© hotnews-trendo , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.